クラシックピアノの楽譜を無料でダウンロード

クロード・ドビュッシー : ゴリウォーグのケーク・ウォーク「子供の領分」より

Claude Achille Debussy : Golliwogg's Cake walk - Children's Corner

作品概要

子供の領分(こどものりょうぶん、原題:Children's Corner)は、フランスの作曲家クロード・ドビュッシー1908年に完成させたピアノのための組曲である。 この作品は当時3歳だったドビュッシーの娘クロード・エマ(愛称 “シュシュ” Chouchou)のために作曲された。この作品は子供に演奏されることを意図したものではなく、あくまでも大人が子供らしい気分に浸ることを目的とした作品である[1]
第6曲 「ゴリウォーグのケークウォーク」 (Golliwogg's Cakewalk)

本曲集の中で一番有名な曲であり、ゴリウォーグ[5]とは、フローレンス・アップトン(Florence Upton)[6]の絵本(1895など)に出てくる黒人の男の子人形のキャラクターの名前で、ケークウォークは黒人のダンスの一種である。この曲は、西洋音楽とアフリカの黒人音楽の接触の初期の例としてしばしば挙げられる[4]。ケークウォークの中間部では、ワーグナーの楽劇『トリスタンとイゾルデ』の冒頭部分が引用されている。
出典

楽譜ダウンロード
難易度
C
ページ数
5 ページ
MIDI
midi
ライセンス
Creative Commons Attribution-NonCommercial
※この楽譜について(英語)